閉じる

診療科目一覧

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

部門紹介

消化器内科

消化器専門医による食道、胃、大腸の消化管の早期癌や炎症性疾患、肝胆膵疾患の診断と治療を積極的に行っています。病診連携にも積極的に取り組んでおり、電話で検査や入院の予約をして、確実に診断、治療を行った上で紹介医に戻って頂くように心掛けています。 また、希望に応じて経鼻内視鏡や、鎮静剤を使用しての内視鏡検査も施行しています。外科との 連携も緊密で、内科、外科の垣根を取り払って協議しながら、確実な治療法を選択しています。

胃、十二指腸、大腸憩室などからの出血に対する止血術、早期胃癌に対するESD、胃、大腸ポリープに対するEMR、食道静脈瘤硬化療法、静脈結札術、消化管悪性狭窄に対するステント留置術、消化管良性狭窄に対するバルーン拡張術、消化管異物除去、経口摂取不能に対する内視鏡的胃瘻造設、総胆管結石、胆膵系悪性腫瘍に対する内視鏡的膵胆道系処置(EST,EPBD,EPLBD,ERBD,ENBD,EMS留置など)、経皮的胆道処置(PTBD,BTGBDなど)、肝癌に対する肝動脈化学塞栓術、脾機能充進症や門脈圧充進症に対する部分的脾動脈塞栓術(PSE)、炎症性腸疾患に対する血球成分除去療法(LCAP,GCAP)、難治性腹水に対する腹水濾過濃縮再静注法など

紹介して頂くときの留意事項

腹痛、下痢、嘔吐といったよくある症状が改善しないときはもちろん、吐下血や黄疸がみられる際は遠慮なく紹介して下さい。また、B型・C型肝炎、並びに原因のよくわからない肝機能障害の患者さまも是非紹介して頂ければ幸いです。

特色

内視鏡検査では、NBI,BLIの特殊光を使った拡大観察を積極的に行い、早期発見を心掛けています。 地域の特徴として胆道系疾患が多く、総胆管結石、胆管癌、膵癌等に対して迅速な内視鏡治療を行い、外科と検討した上で治療方針を立てています。最近では消化管術後の膵胆道系疾患の患者も 多く、直視鏡を使用したERCPも年間20件以上行っています。大腸ポリープの日帰り切除や早期胃癌のESDにも積極的に取り組んでおります。またB,C型肝炎に対する抗ウイルス経口薬による治療や、肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法や肝動脈化学塞栓術も行っています。当院では3Frのガイドカテーテルシステムを使用してTACEを行っており、術後の安静が2時間と、通常と比較し極めて短時間となっています。

各種消化器癌(食道、胃、大腸、肝臓、胆のう、胆管、膵など)に対する化学療法も積極的に実施しております。血小板が少ない症例(ITPの既往など)でもPSEを施行した上で化学療法を行っています。

診療実績 2015年度

内視鏡件数 上部内視鏡 1762件、下部内視鏡 786件、ERCP 132件
内視鏡件数 胃ESD 2件、大腸ポリープ切除 239件、胃瘻造設 21件、膵胆道系処置 119件、止血術 24例 食道静脈瘤治療 7件、消化管ステント術(食道 2件、十二指腸 1件、大腸 7件)、消化管異物除去術 4件
その他治療件数 経皮的胆のう・胆管ドレナージ 11件、部分的脾動脈塞栓術 2件、肝動脈化学塞栓術 10件 血球成分除去療法(LCAP,GCAP) 4件、腹水濾過濃縮再静注法(CART) 5件

医師紹介

常勤医師

中野 真(ナカノ マコト)

役職
副院長
専門分野
消化器内科(主に内視鏡診断、治療
資格
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
日本消化器がん検診学会専門医、指導医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
マンモグラフィ読影認定医
医学博士
中野医師

常勤医師

鳥谷部 武志(トリヤベ タケシ)

役職
内科(消化器内科)医長
専門分野
消化器内科、肝臓病、化学療法、緩和ケア
資格
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本プライマリ・ケア連合学会専門医
医学博士
鳥谷部 武志
外来担当医表はコチラ

FACE BOOK

お問い合わせ・予約受付

0480-93-0661(代表)

top